活性酸素とセサミンの関係とは?

活性酸素を除去するセサミン

ゴマに含まれている有効成分セサミンは、アンチエイジング効果があることで知られています。シミやシワ、白髪などを防いで見た目年齢を若く保つかたわら、免疫を高めてさまざまな病気から体を守る力を持っています。
これらの効果は、セサミンの持つ抗酸化作用に秘密が隠されています。セサミンには体内の活性酸素を除去し、健康で若々しい体づくりをサポートする力があるのです。活性酸素とは体の細胞を破壊し、肌トラブルや血行不良を引き起こす「サビ」の原因です。切ったリンゴの断面が時と共に茶色く変色するのと同じように、活性酸素によって体はサビて、老化してしまうのです。
下記では、体のサビとなる活性酸素と、それを除去するセサミンの力についてご説明します。

活性酸素っていったい何者?

私たち生き物は、呼吸で取り込んだ酸素を代謝の過程で利用していますが、その過程で発生するのがこの活性酸素です。体内に取り入れた酸素の約2%が活性酸素になると言われており、呼吸しているだけでも発生するものなのです。
活性酸素は、体内に侵入した細菌を駆除し、細胞の健康を維持するという大事な役割を持っています。体の細胞を攻撃してしまう活性酸素の強い酸化力は、元々はウィルスを撃退するためのものなのです。悪者のイメージが強い活性酸素ですが、実は健康な体のためには大切なものなのですね。

問題なのは、過度なストレスや喫煙、乱れた生活習慣などで過剰に発生した活性酸素です。健康に生活している上で発生する活性酸素は健康な体づくりをサポートしますが、あまりに量が多すぎるとウィルスだけでなく細胞をも攻撃する毒素に変化します。
特に、体内の毒素や老廃物をろ過する機能を持つ肝臓には活性酸素が溜まりやすく、肝機能が低下する原因となります。体内へ血液を送り込む肝臓が弱ってしまうと、肌トラブルや抜け毛、白髪など見た目年齢を老けさせる原因を引き起こし、また全身が血行不良となり動脈硬化や心筋梗塞などの大きな病気に繋がってしまうのです。

活性酸素から体を守るには、第一にストレスを溜めない規則正しい生活が大切です。しかし忙しい現代人の身の回りには、活性酸素が大量発生してしまう原因がたくさんあります。そこで積極的に摂取してほしい成分が、セサミンなのです。
セサミンは、肝臓まで分解されずに届く数少ない成分です。肝臓に直接届いたセサミンは、そこで発生する活性酸素を除去し、肝機能を改善させる力を持っています。ストレスに取り囲まれ、活性酸素が大量発生しやすい現代人にとってセサミンはとても嬉しい効果を発揮してくれます。

セサミンがもたらす抗酸化作用

(1)アンチエイジング効果
見た目年齢を大きく上げてしまうシミ、シワ、抜け毛などの悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。これらの老化トラブルは、活性酸素によるサビつきが原因です。

肌のシミは、紫外線を浴びた肌が、皮膚の損傷を防ぐためにメラニン色素を大量発生させた結果です。紫外線が皮膚の奥へ入り込まないように、肌全体へメラニン色素を一時的に作り出すことによって肌細胞を守っているのです。本来であれば、このシミはターンオーバーによっていずれは剥がれ落ちます。しかし活性酸素によって酸化した肌は新陳代謝をうまく行えなくなり、この色素沈着した細胞がいつまでも肌に残ってしまうのです。
この活性酸素よる酸化は、頭皮にも現われます。酸化した頭皮の皮脂は毛根を塞いでしまうので、抜け毛の原因となるうえ、育毛を阻害します。
また、活性酸素が体内へ溜まるとシワの原因にもなります。肌の弾力性を守っているコラーゲンやヒアルロン酸などは、線維芽細胞という真皮層の細胞によって生成されています。活性酸素はこの細胞をも攻撃するので、肌に必要な弾力が失われシワとなってしまうのです。
セサミンには、これら老化トラブルの原因を改善し、ターンオーバーを促す効果があります。

抗酸化作用を発揮するセサミンは、肌の活性酸素を除去することによって皮膚の脂質の酸化を防ぎます。酸化した脂質は新陳代謝で排出されにくく、シミがなかなか消えない性質がありますが、セサミンによって酸化そのものを防ぐことができれば、肌はきちんとターンオーバーを行います。するとシミのできた細胞も随時生まれ変わり、白い肌が保てるようになるのです。

また肌だけでなく、頭皮の皮脂の酸化もセサミンは防ぎます。セサミンの抗酸化作用によって頭皮の皮脂が防げれば、健康で清潔な毛根を保てます。頭皮が健康であれば血液が運んできた栄養をしっかり受け取ることができるので、白髪や抜け毛を防ぎ、美しい髪の毛が生まれてくるようになります。

更に、セサミンが肝臓の活性酸素を除去することによって肝機能が向上すると、血液をすみずみまで送り出せるようになります。血行がよくなれば、線維芽細胞まできちんと血液が巡り、栄養を届けることができるようになります。栄養の行き届いた線維芽細胞はコラーゲンなどをしっかり生成し、ふっくらしたハリのある肌ができあがります。

セサミンは、このように肌と肝臓への働きかけによって若々しい体づくりをサポートする効果を持っているのです。

(2)血行促進効果
セサミンは肝臓へ直接届く唯一の成分であり、その効果は多岐に渡ります。
肝臓が本来持っている解毒作用を助けるので、二日酔いの防止や疲労回復にも効果があります。
そして全身へ血液を巡らせるはたらきを助けて血行を促進することにより、さまざまな病気の予防にも効果があるのです。

特にセサミンは、血液をサラサラにして血行を良くするという効果が注目を浴びています。これはセサミンの抗酸化作用が、コレステロール値のバランスを整え、血液の酸化を防ぐことへも繋がっているからです。
肝臓は悪玉コレステロールと善玉コレステロールを生成し、体の免疫力を高め、ホルモンのバランスを保つ役割を担っています。しかし活性酸素の攻撃で肝機能が低下すると、悪玉コレステロールが過剰に生成され、血中の活性酸素を結びついて血液をドロドロにしてしまいます。流れの悪い血液は毛栓を作りだし、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす原因になります。
セサミンは血中の活性酸素を除去する働きがあるので、悪玉コレステロールの酸化をあらかじめ防ぐことができます。また肝臓の活性酸素を除去し肝機能を改善させ、悪玉コレステロールの生成を抑える効果もあります。セサミンによって肝機能を改善させることは、コレステロール値を正常にするとともに、きれいな血液を作り出すことにもなるのです。
また、血液を送り出すという肝臓が本来持っている機能がセサミンによって促進されると、全身の血の巡りも良くなります。血液がスムーズに循環すると血管へかかる圧力も減るので、動脈硬化を引き起こす高血圧などが改善されます。

血行不良はあらゆる病気の原因となりますが、セサミンの摂取で肝臓を元気にすることは、血行を促進し万病を防ぐことへと繋がるのです。

おすすめサプリ メニュー 関連情報