セサミンの効果を最大限に引き出す方法は?

サプリメントで効果的に摂取

ゴマに含まれる健康成分として知られるセサミン。体に有害な活性酸素を排除し、日々のストレスに負けない強い体を保ってくれる嬉しい効果を持っています。日常的に摂取して、さびない健康な体を目指したいですね。

ゴマはおにぎりや和え物など普段の食事にも用いられる食品ですが、その成分はほとんどが脂質です。そして、セサミンはゴマ一粒の中に約1パーセントしか含まれていません。セサミンの推奨量10mgを摂取するためにはゴマを約3000粒食べる必要があるので、カロリーばかりを過剰に摂取することになってしまうのです。
またゴマは固い殻に覆われているので、一粒それぞれをよく噛まないと、中に含まれている栄養素を体が取り込むことができません。食事にゴマを取り入れることも大切ですが、やみくもに大量のゴマを口にするだけでは、セサミンの効果的な摂取にはつながらないということですね。

セサミンを効果的に摂取するためには、その嬉しい成分を凝縮したサプリメントがおすすめです。サプリメントはゴマに含まれている有効成分のみが抽出されているので、無理なく手軽にセサミンを摂取する事ができます。
そんな便利なサプリメントですが、飲み方に気を付けることによってより良い効果を発揮してくれます。サプリメントは健康食品なのでいつ飲んでも問題はありませんが、日々その効果が感じられると摂取も楽しくなりますよね。思い出した時になんとなく飲むよりも、そのタイミングや摂取方法を意識してみることをおすすめします。

サプリメントを飲むタイミング

(1)就寝前に飲む
人間の体は、眠っている間に修復されます。体が細胞レベルで修復される睡眠中は、サプリメントで摂取した栄養素がしっかり吸収されるチャンスでもあります。一日の終わりに、セサミンを飲んで休みましょう。寝る前に飲む習慣をつけると、飲み忘れもなくなるので三日坊主の防止にもなります。
また眠る前にお湯を飲むと、体温が上がって寝つきがよくなり、便秘も改善されるなどのメリットがあります。就寝前に冷ましたお湯を飲みながら、一緒にサプリメントを摂取するのがおすすめです。

(2)運動の前に飲む
健康な体づくりには、日々の運動が欠かせません。適度な運動は体を丈夫にしますが、激しく動いたあとは体が大量の酸素を必要とするので、結果的に体内へ活性酸素が溜まってしまいます。この過度に溜まった活性酸素を除去するために、運動をする前にはセサミンの摂取をおすすめします。運動前にセサミンを摂取することで活性酸素の蓄積が防げるので、安心して運動に取り組むことができます。

(3)お酒を飲む日は数十分前に摂取
セサミンは肝臓にその効果が直接届く数少ない成分です。その抗酸化作用によって肝機能を正常に保ってくれるので、お酒を飲む数十分前に摂取するのもおすすめです。肝臓がしっかりアルコールを分解できるようセサミンがサポートするので、二日酔いの防止になります。
もちろんお酒の飲み過ぎには注意しなければなりませんが、お酒の席に参加する際にはセサミンを摂取して肝臓にも配慮してあげましょう。

セサミンと相性の良い成分と摂取する

(1)ビタミンE
植物油や魚の卵などに含まれるビタミンEは、血管や細胞膜で発生した有害物質を除去する働きがあります。肝臓に届いて活性酸素を除去するセサミンと同じく、ビタミンEは抗酸化作用を持っているのです。一緒に摂取することによって、肝臓と血管それぞれの活性酸素が排除されます。別々の個所で抗酸化作用が働くことにより成分がケンカしあうこともなく、全身の健康効果に繋がるのです。セサミン単体でも抗酸化作用は期待できますが、相乗効果のあるビタミンEのサプリメントを一緒に摂取するのもおすすめです。

(2)DHA
魚に含まれる栄養素として有名なDHAですが、実はセサミンとの相性も良い成分なのです。セサミンは活性酸素を除去することにより悪玉コレステロール値を下げる力を持っていますが、DHAは赤血球の硬化を防ぎ、サラサラな血液を保つ作用があります。血液の流れを良くするこの二つの成分を摂取することにより高血圧を防ぎ、更には動脈硬化や脳卒中などの大きな病気の予防にもつながります。

(3)ポリフェノール
ワインに含まれる成分というイメージが強いポリフェノールですが、実はセサミンもこのポリフェノールの一種です。そのためセサミンとポリフェノールは飲み合わせが非常に良く、一緒に摂取することによってその抗酸化作用も倍に期待できます。相乗効果によって細胞の新陳代謝を促し、ハリのある若々しい肌を保つなど老化防止の効力も発揮してくれます。

※普段から服用している薬がある際には、複数のサプリメント併用に注意してください。複数の成分が、薬の効能へ影響を与える場合があります。かかりつけの病院へ相談してから併用してください。

無理のないペースで習慣的に摂取を

サプリメントの摂取で大切なのは「継続して飲むこと」です。三日坊主で終わってしまわないよう、食卓の上など目につきやすい場所へサプリメントを置いておきましょう。
しかし、もし飲み忘れてしまった時間があったとしても、サプリメントは薬ではないので問題ありません。「決まった時に飲まなければ」と気負わず、タイミングをずらしたりして無理せず摂取しましょう。外出の多い方は、サプリメント用のピルケースなどに入れて持ち歩くのも便利です。
毎日の効果を楽しみにしながら、気軽に継続してチャレンジしてみてください。

おすすめサプリ メニュー 関連情報