セサミンを飲むタイミングはいつ?

活性酸素を除去し、若々しい体づくりをサポートするセサミン。サプリメントなら、ゴマから抽出されたその有効成分を手軽に摂取することができます。
サプリメントは薬ではないので、「必ずこの時間に飲まなければならない」という決まりはありません。思い立ったその時に、すぐ始めることができるのがサプリメントの良いところです。自分の中で厳しくルールを決めず、気軽に摂取してみてください。習慣的に飲み続けることで、サプリメントはその効果をもたらしてくれます。

けれど、せっかく摂取するのならセサミンの効果が最大限に引き出されるタイミングで飲みたいですよね。ここではおススメする飲むタイミングを3つ紹介します。ご自分の生活習慣に合わせて最適なタイミングを見つけましょう。

セサミンを飲むおススメのタイミング

(1)寝る前に飲む
人間の体は、寝ている間に修復されます。睡眠をとることで脳や内臓が休まり、疲れた部位へ栄養素がチャージされるのです。体が回復を行うタイミングでセサミンを飲めば、有効成分がより吸収され、その効果がより高まります。
また眠る前に、冷ました白湯と一緒にセサミンを摂取することもおすすめします。お湯を飲むことで体温が上がって寝つきが良くなり、胃腸に溜まった老廃物が排出されるデトックス効果をもたらします。セサミンはジュースなどと飲んでも特に問題はありませんが、お湯と摂取することにより更に嬉しい効果が得られるのです。

(2)スポーツの前に飲む
健康な体のために欠かせない運動ですが、激しいスポーツを行うと体内に大量の活性酸素が発生します。これは体に取り込んだ酸素が、代謝の際に活性酸素を生み出してしまうせいです。この過度に生み出された活性酸素は、体内の細胞を傷つけたり、老化させたりする原因となります。
そのため、スポーツをする前には抗酸化物質であるセサミンを飲むことをおすすめします。運動の前に飲むことで、大量に発生した活性酸素を除去して体内の酸化を防いでくれます。活性酸素発生のリスクを軽減するセサミンを飲んでおけば、安心してスポーツに集中できますね。

(3)食事、飲酒の前に飲む
胃が空腹の状態は、外部からの栄養を吸収しやすくなっています。そのため食事の前に飲むことで、他の栄養素に邪魔されることなくセサミンが体に吸収されます。

また、セサミンは肝臓でその効果を発揮する成分です。お酒を飲む前に摂取することにより、二日酔いを防止する効果があるのです。
二日酔いを引き起こす原因は、アルコールを体内に摂取した際に発生する「アセトアルデヒド」という成分です。これが飲酒の翌日まで体内に残ってしまうせいで、頭痛や吐き気などの不快感をもたらします。セサミンの摂取により肝機能がアップすると、肝臓の解毒機能もアップしてアセトアルデヒドの分解も促進されるのです。もちろんお酒の飲み過ぎには注意が必要ですが、飲酒の前にセサミンを摂取して、肝臓をいたわることも大事です。

習慣的に飲むことがなにより大事

セサミンの摂取で一番大切なのは、「習慣的に飲み続けること」です。
肝臓に直接届き、活性酸素を除去するセサミンのはたらきは、摂取し続けることにより少しずつ効果が現れます。美容効果や病気の予防に役立つセサミンですが、その効果を実感するためには、毎日飲んで三日坊主を防ぐことが大切です。
気まぐれに飲んでいると摂取を忘れてしまうおそれもあるので、就寝前、食事前など、忘れないタイミングに飲む習慣をつけることをおすすめします。食卓の上など、目に付く場所に置いておくのも良いですね。外出の多い方は、ピルケースなどにセサミンを入れて常備しておくと、飲み忘れを防げます。

とはいえ、セサミンを飲み忘れた日があったとしても、そのせいで体調が悪くなることはありません。セサミンはあくまで天然の有効成分なので、飲まなかったことによる悪影響はないのです。飲み忘れがあったら時間をずらして摂取するなど、都合の良いタイミングを見つけて取り入れてください。気軽に、楽しみながらセサミンを摂取することが、長続きさせるポイントです。
習慣的に飲むことを意識しながら、セサミン生活にトライしてみましょう。

おすすめサプリ メニュー 関連情報