キレイを目指せるセサミンのサプリは?

美容効果のあるセサミンサプリの特徴って?

活性酸素を除去し、体のサビつきを防ぐセサミン。その効果は美肌やダイエット、生活習慣病の予防まで多岐に渡っています。そのためセサミンのサプリメントは色々な種類が発売されており、ドラッグストアなどではどれを買えばいいのか迷ってしまうことも。
せっかくセサミンで美容効果を目指すのなら、その結果を最大限に得られるサプリを選びたいですよね。美容に向いているセサミンのサプリにはさまざまな美容成分が配合されており、相乗効果を狙っているものが多いのが特徴です。ここでは美容効果のあるサプリメントについてご説明しますので、セサミンの他にどんな成分が配合されているのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

目的別にサプリを選ぼう!

抗酸化作用を発揮するセサミンは、同じく強い抗酸化力を持っている成分と一緒に摂取すると嬉しい相乗効果を得られます。そのため、美容効果のあるセサミンサプリは抗酸化力の高い成分が一緒に配合されているものが多いようです。サプリによって配合成分はさまざまなので、目的別に選ぶとより効果を感じられるはずです。

(1)デトックス効果あり!ポリフェノールとセサミン
ワインなどに含まれる抗酸化物質として有名なポリフェノール。ポリフェノールとは植物が光合成する際に作りだす苦みや色素など成分の総称で、強い抗酸化力を持っています。そして実は、セサミンはこのポリフェノールの一種なのです。2つが配合されているサプリを摂取すると別々の場所で抗酸化作用を発揮するので、栄養素同士がケンカすることなく、新陳代謝が更にアップするという嬉しい効果を得ることができます。そして代謝が良くなると、下記のような美肌効果、ダイエット効果にも繋がるのです。
(a)肌のターンオーバーを促す
シミやシワなどの肌トラブルは、見た目年齢をいっきに引き上げてしまいますよね。
通常、肌はターンオーバーを繰り返してシミのできた古い角質を捨て、新しい細胞へと入れ替わります。また肌の真皮層には線維芽細胞というコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞が存在しており、常に潤いを保っています。このように、肌にはすでに自らを美しく保つための力が備わっているのです。
しかし、それを邪魔してしまうのが活性酸素です。活性酸素は血中で悪玉コレステロールや中性脂肪と結びつき、血液を酸化させてドロドロの状態へと変えてしまいます。そのため血行が悪くなり、肌のターンオーバーが乱れ、シミがいつまでも肌へ残ってしまうのです。また活性酸素は線維芽細胞をも攻撃し、肌に必要な美容成分の生成を妨げます。こうして肌は活性酸素によってサビてしまい、老化の目立つ状態に悪化してしまうのです。
ポリフェノールは、この活性酸素を除去する強い力を持っています。ポリフェノールを持つ植物が動物よりも長生きなのは、この抗酸化力によって細胞がつねに新しいものへ入れ替わっているためだと考えられています。ポリフェノールは主に血中の活性酸素を除去し、血液の酸化を防ぐ効果があります。血液がサラサラであれば血流も良くなるため、肌細胞は血液から酸素や栄養をじゅうぶんに受け取れるようになります。それによってターンオーバーがきちんと繰り返されるようになれば、肌細胞が白く美しい状態を保てるのです。また線維芽細胞を傷つける活性酸素も除去するので、肌の潤い成分がきちんと生成されるようになります。
セサミンも同じく活性酸素を除去しますが、主に肝臓でその抗酸化作用を発揮します。肝臓は体内の毒素や老廃物をろ過するという機能を持っているため、活性酸素が発生しやすい臓器とも言われています。活性酸素の攻撃によって肝機能が低下すると、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えて、血行不良に陥ります。巡りの悪い血液は肌のターンオーバーを乱し、また肌に充分な栄養を届けることができないためシワなどを生み出す原因になります。セサミンが肝臓の活性酸素を除去することによって、肝機能が改善すると血行が良くなり肌のすみずみまで栄養が行き渡ります。
このようにセサミンとポリフェノールは、血管と肝臓という別々の場所で抗酸化作用を発揮して血行を促すので、美しい肌を保つサポートをしてくれるのです。

(b)ダイエット効果
肌サビを防いでアンチエイジング効果を持つポリフェノールとセサミンは、中性脂肪を下げる働きも持っています。
中性脂肪は、私たちの日常生活の中で使用されなかったエネルギーが、皮下脂肪や肝臓に貯蓄されたものです。この中性脂肪をいかに下げるかが、ダイエットにおいては重要なのですね。中性脂肪を下げるには、有酸素運動が有効と言われています。その理由は、運動によって血液の循環が良くなると体温も上がり、中性脂肪が燃焼されやすくなるためです。けれど、忙しい日々の合間に運動を続けるのは難しい場合も。そこで役に立つのが、ポリフェノールとセサミンなのです。
ポリフェノールとセサミンの抗酸化作用によって細胞の代謝がアップすると、血行が良くなり内臓も活発に働くようになります。そんな内臓の働きにもエネルギーが使用されるため、中性脂肪がどんどん減っていくのです。
またポリフェノールには体内に脂肪が吸収されるのを防ぐ効果があり、中性脂肪値の上昇を食い止めてくれます。一方、セサミンは肝機能を向上させて便秘を解消し、ダイエット効果をより確かなものへと導きます。これは肝機能が改善されたことにより動きが活発化した腸が、便を外へ送り出すぜん動運動を正常にするようになるためです。
中性脂肪を付きにくくし、さらに体内の余分な脂肪は燃焼させ、そして老廃物を排出させるというトータルの働きによって、ポリフェノールとセサミンはダイエット効果を生み出すのです。

(2)ダブルの抗酸化作用で若さを保つ!ビタミンEとセサミン
セサミンとビタミンEはいずれも抗酸化力を持っており、一緒に摂取することにより効果が倍増する成分です。ビタミンEは血管や細胞の活性酸素を除去し、血行を促して肌を美しく保つため「若返りのビタミン」とも呼ばれています。しかし一方で、体内で壊れやすいという面も持っています。セサミンには壊れやすい体内のビタミンEを守る効果もあるため、この2つを一緒に摂取すればそれぞれの成分が分解を免れ、体内へきちんと吸収されていくというメリットがあるのです。
(a)肌の若返り効果
ビタミンEは、体内の細胞膜を守る役目を持っています。
私たちの体を構成する細胞膜には、肌の潤いや弾力を保つため不飽和脂肪酸という脂質が存在しています。しかしこの不飽和脂肪酸は、活性酸素によって酸化すると過酸化脂質というものへ変化します。この過酸化脂質は正常な細胞を破壊し、シミやしわ、くすみなどの老化を引き起こしてしまいます。
ビタミンEの抗酸化力は細胞膜の活性酸素を除去し、不飽和脂肪酸の酸化を阻止します。ビタミンEによって酸化から守られた肌は本来のハリとツヤを取り戻し、老化に負けない若返り効果を見せてくれるのです。
そしてこの肌細胞が潤いを保っていられるよう、血行を促進して栄養を届けるのがセサミンのです。肝臓でセサミンが抗酸化作用を発揮することによって肝機能が向上するので、毛細血管まできちんと酸素と栄養が行き渡るようになるのです。血液から栄養を受け取った肌細胞は、ターンオーバーを繰り返してシミのない白い状態をキープすることができるようになります。また栄養がじゅうぶんにあれば肌自身がコラーゲンやヒアルロン酸などの成分を生成できるようになり、潤いを感じられる肌が生まれます。
(b)黒く豊かな髪の毛を作り出す
抜け毛や白髪など、髪の毛のトラブルも見た目を老けさせてしまう悩みの1つですね。セサミンとビタミンEの抗酸化力は、地肌の活性酸素を除去して頭皮の血行を促し、髪トラブルを改善する効果があります。
ビタミンEは細胞膜の酸化を防ぐ効果があるとご説明しましたが、この抗酸化作用はお肌だけでなく、髪の毛を生み出す頭皮でも発揮されます。頭皮には、髪の毛や地肌に潤いを与えるために皮脂が存在しています。この皮脂が天然のトリートメントのような役目を果たしているので、髪はツヤツヤな状態を保っていられるのです。しかしこの皮脂も、活性酸素によって酸化すると過酸化脂質へと変化してしまいます。過酸化脂質によって地肌がドロドロした状態になると毛根も油分で埋まってしまい、美しい髪の毛が育ちません。そして抜け毛の原因となり、老化を早めてしまうのです。ビタミンEは頭皮の活性酸素を除去し、脂質の酸化から細胞を守ります。頭皮が健康で清潔な状態を保っていられれば、豊かでツヤのある髪の毛が生み出されるのです。
そしてセサミンには、肝機能を改善して白髪を防ぐ効果があります。黒い髪の毛は、実は生えてくる前は白い状態であり、毛母細胞という髪の毛を生み出す細胞によって着色されています。髪を黒くしているのは毛母細胞の間にあるメラノサイトというメラニン色素を生成する細胞で、アミノ酸を材料にして肝臓が作り出しています。しかし肝臓の機能が活性酸素によって低下すると、アミノ酸の合成を正常に行うことができなくなってしまい、その結果メラノサイトが生成されず髪の毛へ着色できなくなります。こうして、見た目年齢を上げる白髪となってしまうのです。セサミンが肝臓で抗酸化作用を発揮し、活性酸素を除去すると弱っていた肝機能は改善されます。本来の働きを取り戻した肝臓がこれまで通りアミノ酸を合成してメラノサイトを作れるようになれば、また髪の毛へ着色が行われ、黒く美しい髪の毛が生えてくるのです。

(3)ツルツルの白い肌を手に入れる!ビタミンCとセサミン
美肌効果のある成分として名高いビタミンC。ビタミンCにはセサミン同様、活性酸素を除去する抗酸化作用があるうえに、肌のバリア機能を高めてストレスに負けない美しい肌を保つ力も持っています。ビタミンCが美肌へ直接はたらきかける特徴を持っているのに比べ、セサミンは活性酸素を除去して老化を防ぐという長い目で見た美容効果があります。ビタミンCとセサミンが、それぞれが攻めと守りの役目を果たすことによって肌をいっそう白く、美しく導いてくれるのです。
(a)美白効果
ビタミンCとセサミンにはシミを改善して肌を白くする効果があります。
女性の大敵であるシミは、紫外線が細胞を傷つけないように肌がメラニン色素を生成した結果です。メラニン色素が傘のように紫外線を遮断することで、肌細胞を守っているのですね。そのため、メラニン色素が生成された古い角質はターンオーバーでいずれは剥がれ落ちてしまいます。しかし、血行不良などできちんと肌の新陳代謝が行われないと細胞が入れ替わらないので、メラニン色素がいつまでも残ってしまいシミとなるのです。
セサミンは、肝機能を改善して新陳代謝を促す抗酸化物質です。肝臓がしっかりと血液を送り出すようになれば細胞がきちんと栄養を受け取り、新しいものへ生まれ変わります。その際にシミのできた細胞も入れ替わるので、メラニン色素が生成されても元の白い肌へ戻る仕組みとなっています。
ビタミンCも強い抗酸化力があるため、肌の活性酸素を除去して細胞の酸化を防ぎ、新陳代謝で生まれ変わりやすい状態へと促す効果があります。また更に、ビタミンCは過剰に生成されて消えなくなったメラニン色素を、元の白い状態へと戻す効果があるのです。シミを薄くして美肌効果をもたらすビタミンCと、血行促進によってターンオーバーを促すセサミンの力を合わせれば、シミを消して白い肌を取り戻すことが可能になるのです。
(b)ニキビ予防
肌トラブルで多くの女性を悩ませているのは、ニキビではないでしょうか。ニキビは肌の皮脂が過剰に分泌され、油分で詰まった毛穴が炎症を起こしたものです。思春期にできやすいニキビは成長ホルモンによって皮脂量が増えた結果なので問題はありませんが、大人のニキビは肌のターンオーバーの乱れが大きな原因です。代謝が悪くターンオーバーがきちんと行われない肌は、古い角質がどんどん重なってしまい毛穴をふさぎます。詰まりやすくなった毛穴はいずれ炎症を起こし、ニキビとなってしまうのです。
セサミンには、ニキビの元となってしまうターンオーバーの乱れを整える効果があります。セサミンによって血行が促進され、新陳代謝がアップすると古い角質が自然と剥がれ落ちていくので、毛穴を常に清潔に保つことができます。
そしてビタミンCには、皮脂の過剰分泌を抑える効果があります。皮脂の分泌が抑制されれば、毛穴の詰まりが解消されるのでニキビを防ぐことができます。また元からできたニキビの悪化をくいとめ、皮脂でテカテカしがちな肌質を改善する効果もあります。このように、セサミンとビタミンCのダブルの効果は、憧れのツルツル肌を作ってくれるのです。

まとめ

セサミンはそれだけでも美容に効果的な成分ですが、ポリフェノールやビタミンE、ビタミンCなどの成分と組み合わせると、さらなる相乗効果が期待できます。
美容目的でセサミンのサプリを探している方は、これらの成分が一緒に配合されているものを選ぶのがおすすめです。
ダイエットやアンチエイジング、シミ・しわの改善など、美容目的の中でもさらに細分化して、自分はどの目的でセサミンを摂りたいのかを明確にして、それに合った効果が得られるサプリを選びましょう。

おすすめサプリ メニュー 関連情報