LDLコレステロール値を下げるセサミンの効果

セサミンはLDLコレステロール値を下げたい人にオススメ

セサミンは、LDLコレステロール値を下げて血液をサラサラに保つ効果があります。
血中のコレステロール値が高いと、血液がドロドロになってしまい生活習慣病などを引き起こす恐れがあります。
セサミンは、コレステロールを生成している肝臓へ働きかける成分です。
低下していた肝機能を向上させることで、間接的にLDLコレステロール値を下げてさまざまな病気を予防してくれるのです。
LDLコレステロール値が高い方、生活習慣病が気になる方にはセサミンの摂取がオススメです。

本来は健康体に欠かせないLDLコレステロール

コレステロールとは肝臓が生成している脂質の一種です。
悪者に思われがちなコレステロールですが、私たちの体内で以下のものを作り出すための材料となっています。

  • 全身の細胞を守る細胞膜
  • 脂肪の消化を促す胆汁酸
  • 副腎皮質ホルモンや性ホルモン

コレステロールは、血液になじみやすいリポタンパクとして血中を流れています。
このリポタンパクにはさまざまな種類がありますが、コレステロールを運ぶリポタンパクは以下の二つです。

【二種類のコレステロール】
・LDLコレステロール…油分を体内の細胞へ運ぶ働きを持つ。「悪玉コレステロール」とも呼ばれる。
・HDLコレステロール…過剰な油分を回収する働きを持つ。「善玉コレステロール」とも呼ばれる。

LDLコレステロールとHDLコレステロールは、肝臓からバランスよく生成されることで体を健康に保っています。

高いLDLコレステロール値が生活習慣病の原因になる

肝臓の機能が活性酸素(※1)の攻撃によって低下すると、コレステロールの生成バランスが崩れ、LDLコレステロールのみが過剰に作り出されてしまいます。
(※1)活性酸素とは…呼吸から取り入れた酸素が体内で使われると発生する。
強い酸化作用を持つため細菌やウィルスと戦う役割があるが、増えすぎると健康な細胞まで攻撃(酸化)して機能を低下させてしまう。

LDLコレステロールには血中の活性酸素と結びつきやすい性質があるため、量が多いと血液をドロドロに酸化させてしまいます。
ドロドロ血液は血管をこわばらせたり、血栓を作り出したりして生活習慣病を引き起こします。
生活習慣病を放っておくと、脳梗塞や心筋梗塞といった大病へ転じる恐れもあります。

活性酸素を除去してコレステロール値を下げるセサミン

セサミンは、体内に発生した活性酸素を除去する働きを持っています。
肝臓と血中の活性酸素をそれぞれ除去することで、LDLコレステロール値を下げてサラサラ血液を守ります。

【肝臓の活性酸素を除去するセサミンの効果】
セサミンには、胃腸で消化吸収されず肝臓へそのまま届くという特徴があります。
肝臓へ行き着いたセサミンが活性酸素を除去することで、肝臓は本来の働きを取り戻します。
活性酸素の攻撃から解き放たれた肝臓は、LDLコレステロールの生成を抑え、逆にHDLの生成をきちんと行うようになります。
セサミンは肝機能を向上させることで、間接的にLDLコレステロール値を下げてくれるのです。

【血液の酸化を阻止するセサミンの効果】
セサミンは、血中の活性酸素を除去する力も持っています。
LDLコレステロールと活性酸素の結びつきをあらかじめ阻止することで、血液のドロドロ化を防ぎます。

生活習慣病を予防・改善するセサミンの効果

セサミンは肝機能を取り戻す手助けをすることでLDLコレステロール値を下げ、血液をきれいに保ちます。
そして、以下のような生活習慣病を間接的に防いでくれるのです。

【脂質異常症】

血中に含まれる脂質の量が多い状態を脂質異常症と言います。
セサミンは、コレステロールを生成している肝臓の働きをサポートし、LDLコレステロール値の上昇を防ぎます。
この働きによって、脂質異常症を予防します。

【高血圧】

酸化したLDLコレステロールによってドロドロになった血液は、スムーズに血管を流れません。
そのため、血液が流れるたびに血管へ過剰な圧力がかかってしまい、高血圧を引き起こします。
セサミンが肝臓で抗酸化作用を発揮することで、LDLコレステロールの過剰生成が抑制され、血液は元のサラサラとした状態に戻ります。
正常な血液は血管へ圧力をかけることなく流れるので、高血圧が改善されます。

【動脈硬化】

ドロドロになった血液がこびりつき、血管内が狭くなったり破れやすくなったりする状態を動脈硬化と言います。
セサミンがLDLコレステロール値を下げることで血行が改善されると、血管も本来の柔軟性を保つことができ、動脈硬化の発症も予防できます。

おすすめサプリ メニュー 関連情報