そのまま食べても効果なし?セサミンを摂るならゴマをすり潰そう

セサミンを摂取するにはゴマをすり潰そう

セサミンをきちんと摂取するためには、ゴマをすり潰すなどして吸収しやすい形にする必要があります。
ゴマは硬い殻におおわれているため、そのまま食べても消化されずに体外へ排出されてしまうのです。
セサミンをゴマから摂取する場合には、このような工夫をしてみましょう。

  • すり鉢などを使って粉々にする
  • ゴマ油を料理に使用する
  • 市販の練りゴマや擦りゴマを使う

ゴマからセサミンを上手に摂取する方法

ゴマにひと手間かけよう

ゴマは、料理の前にひと手間かけることでセサミン摂取しやすくなります。
硬い殻を砕き、中の栄養を吸収しやすい形にして使用しましょう。
キッチンにある道具で、だれでも簡単に擦りゴマを作ることができます。

  • すり鉢やフードプロセッサーで擦りゴマにする
  • ゴマ擦り機を使用する
  • 袋に入れたゴマを、麺棒などで叩いて粉々にする

セサミンの一日に必要な摂取量は約10ミリグラム、擦りゴマにすると大さじ一杯分です。
毎日の料理にすり潰したゴマを取り入れましょう。

ゴマ油を使用する

中華料理などで使用されるゴマ油にも、セサミンは含まれています。
ゴマ油が他の食用油と比べて酸化しにくいのは、セサミンを含んでいるおかげと言われています。
ゴマ油には、食事からでしか摂取できないリノール酸と、悪玉コレステロール値を下げる働きのあるオレイン酸が含まれています。
さらに抗酸化作用を発揮するセサミンも含んだゴマ油を使用することで、おいしく健康を目指すことができます。
ゴマ油からセサミンを得るには、約2グラムの摂取が必要です。
小さじ半分ほどの量なので、簡単に料理へ取り入れることができます。

加工済みのゴマ製品を使用する

道具を使用してゴマを砕くのが手間な場合には、市販品のすりゴマが便利です。
すぐ料理に使える練りゴマも、セサミンが吸収されやすい状態になっているのでオススメです。
毎日の料理へ加えるだけで、手間や時間をかけることなくセサミン摂取ができます。

ゴマ料理以外からセサミンを摂取する方法

セサミンは調理方法を工夫することできちんと摂取することができます。
しかしゴマを用いた調理をする時間がない、もっと効率よくセサミンを摂取したいという場合には、サプリメントを摂取する方法もあります。
サプリメントであれば、毎日自分の決めたタイミングで摂取目安量を飲むだけで簡単にセサミン摂取ができます。
またセサミンのサプリメントには他成分が配合されている商品も多くあり、美容効果や二日酔い対策など目的に応じた相乗効果を狙うこともできます。

効率の良いサプリメントですが、薬ではないので即効性は期待できません。
食事と同じように、毎日続けることで初めて効果が現れます。

おすすめサプリ メニュー 関連情報