セサミンの製造工程を知る

セサミンはゴマ1粒に対して1%ほどしか含有されない貴重な成分です。そんなセサミンを使ったサプリメントはたくさんありますが、一体どのように作られているのでしょうか。セサミンの摂取方法を再確認しながら製造工程を知りましょう。

セサミンの摂取方法

ゴマからは難しい

セサミンの1日の摂取目安量である8~10mgをゴマから摂取しようとすると、1日約3000粒のゴマを食べる必要があると言われています。これは小さじ3杯ほどなので不可能ではありませんが、毎日の食事に取り入れるとなると難しいかもしれません。また、ゴマの殻は硬いのでそのまま食べてもセサミンなどの有効成分が体に吸収されにくいです。擦りゴマや炒りゴマで摂取する方法もありますが、毎日続けるのは大変です。
ちなみにゴマ1粒は50%以上が脂質なので、1%のセサミンを摂取するためにたくさんの脂質を摂りいれるのも体に良いとは言えません。
そのためセサミンを積極的に摂取したい場合はゴマからの摂取はおすすめしません。

サプリがおすすめ

セサミンサプリなら、セサミンだけを凝縮して作られているので効率よく吸収できます。1日の摂取目安量である8~10mgのセサミンが配合されたタイプも多いです。
セサミンだけを摂取したい場合は手軽なのでとてもおすすめですが、ゴマ1粒に1%しか含まれないセサミンをどのようにサプリにしているのでしょうか。

セサミンサプリの製造工程

圧搾

種子から油分を取り出す工程を圧搾といいます。ゴマは油分が50%以上と多いので、強い圧力をかけることで一定の油分を絞り出します。圧搾機を使用して圧力を微妙に調整しながらゴマを潰して殻を破り油だけを取り出すのです。

溶剤抽出

有機溶剤であるノルマルヘキサンなどを使用して、ゴマの脂肪分だけを溶出させて油を取り出す方法もあります。この有機溶剤は食品添加物としても認められている安全なものです。
この圧搾や溶剤抽出により搾取されたゴマの中身から、メーカー独自の方法でセサミンを抽出し不純物がないか品質チェックした後、ソフトカプセルに入れて作ります。

発酵・焙煎する場合も

セサミンサプリの中には、発酵や焙煎されたセサミンもあります。
発酵してから加熱処理をしてセサミンを抽出したサプリでは、発酵によりさらにパワーアップしたセサミンが摂取できると言われています。
加熱して煎る焙煎方法では、ゴマの有用成分を残したまま質の高いセサミンサプリが出来上がります。
現代では様々な抽出方法のセサミンサプリがあり、メーカーの品質チェックにより安全なものが増えています。製造方法にも目を向けながらセサミンサプリを選んでみてはいかがでしょうか。

おすすめサプリ メニュー 関連情報