セサミンが最も必要な年齢層は?

セサミンを最も飲んでいるのは40代

幅広い年代に支持されているセサミンですが、特に40代になってから摂取を始める方が多いようです。
40代は仕事や家事などで多忙なうえ、体力・気力の低下を感じやすくなる年代です。
セサミンにはアンチエイジング効果や、生活習慣病を防ぐ働きがあります。
そのため、以下のような悩みを感じ始めた40代の方から最も支持されているのです。

  • シワやシミ、薄毛や白髪などが気になる
  • 生活習慣病が心配
  • 体力がない、疲れやすい

40代に嬉しいセサミンの効果

セサミンには、老化や病気の原因となる活性酸素(※1)を除去する働きがあります。
(※1)活性酸素とは…呼吸から取り入れた酸素が体内で使われると発生する。
強い酸化作用を持つため細菌やウィルスと戦う役割があるが、増えすぎると健康な細胞まで攻撃(酸化)して機能を低下させてしまう。

私たちの体には、活性酸素から細胞を守る「抗酸化酵素」というものを生成する力が備わっています。
しかしこの抗酸化酵素の生成量は、個人差はありますが40代頃を境にして減少していきます。
40代になって老化を感じる人が多いのは、このためです。
セサミンは加齢によって蓄積した活性酸素を除去し、以下のような嬉しい効果をもたらしてくれます。

見た目年齢を若々しく保つ

セサミンには、血中の悪玉コレステロール値を下げて血行を促進させる効果があります。
血行がスムーズになると、毛根の毛細血管へ栄養と酸素がじゅうぶんに行き渡るようになるので、黒く豊かな髪の毛が生成されるようになります。
肌細胞も、血液から栄養を受け取ることで、コラーゲンやエラスチンといった美容成分を生成できるようになります。
すると、シワのない潤いに満ちた肌が作られます。

疲れにくい体をつくる

疲れやすい、休んでも怠さが解消されないのは、体内に蓄積した老廃物が原因の一つです。
本来であれば、体内に発生した老廃物は肝臓によって処理されます。
しかし活性酸素によって肝機能が低下してしまうと、老廃物がどんどん溜まってしまい、脳へ疲れを感じさせる疲労因子が発生するのです。
セサミンは肝臓の活性酸素を除去し、肝機能を改善する働きがあります。
活性酸素の攻撃から解き放たれた肝臓がスムーズに老廃物を処理することで、疲労因子の発生が抑えられ、疲れにくい体になります。

生活習慣病の予防

肝臓が活性酸素の攻撃によって弱ってしまうと、悪玉コレステロールが過剰に生成されます。
大量の悪玉コレステロールは、血中の活性酸素と結びついて血液をドロドロに変え、高血圧や脂質異常症といった生活習慣病を引き起こします。
セサミンが肝臓の働きを取り戻す手助けをすることで、悪玉コレステロールの過剰生成を抑え、生活習慣病を未然に予防することができます。

おすすめサプリ メニュー 関連情報